• 外食・レストラン
  • 従業員:2,001名〜
  • 情報伝達/コミュニケーション
  • シフト管理

株式会社ハブ

  • シフト作成時間を削減
  • 公私を分けた情報共有が可能になりスタッフに好評
  • よりお客様に注力するためのDXを推進

店舗運営のDXによる生産性向上で実感する、リアル店舗の価値

「感動文化創造事業」を経営理念に掲げ、英国風PUB「HUB」、「82」などを運営する株式会社ハブ様。シフト作成業務の負荷軽減、店舗内コミュニケーションの改善を通じて店舗運営の生産性向上を実現し、利益をクルー(従業員)に還元していきたいという思いから、「はたLuck」を導入されました。本部としての「はたLuck」導入の思い、さらに導入後の店舗の本音に迫ります。

COMPANY PROFILE

会社名株式会社ハブ
業種飲食サービス
従業員数2,260名(2024年1月現在)
施設数105店舗(2024年1月現在)
導入目的シフト作成業務の負荷軽減、店舗内のコミュニケーション改善

シフト作成上、全社的に軸とされている指標をベースに、本当に"業務効率化"を実現できるかをお手伝いさせていただきました。社内に推進プロジェクトチームを発足してご対応いただいたり、さまざまな部署の方を巻き込んで利用を促進いただくなど、カスタマーサクセスの私にとっても「with感=プロジェクトの成功に向けた協調性」の強い導入事例となりました。引き続き、現場の皆様、本部の方の業務効率化に繋がるよう、機能アップデートや運用をご提案させていただければと思います。

サービスについてもっと詳しく知りたい方
お見積りはこちら