マネジメントの仕事内容を解説。業務改善に必要なことやおすすめアプリ

店舗運営 店舗DXコラム
最終更新日:2022.09.12

店長やSV(スーパーバイザー)として「マネジメントの仕事は何をどうやってすればいい?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

マネジメントの仕事は店長とSVでは異なります。仕事をより効率的におこなうためには、スムーズな情報交換・共有ができる環境を整え、プロセスをデータとして可視化するのがおすすめです。

そこで今回は、マネジメントの仕事内容と業務改善に必要なことを解説します。マネジメントの仕事内容に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

【店長の場合】マネジメントの仕事内容

まずは店長のマネジメントの仕事内容について解説しましょう。

売上・予算の管理

店長の場合、マネジメントの仕事内容としてまず重要なのは、店舗の売上・予算の管理です。会社の重要な資源である「お金」の出入りをコントロールすることが大きな仕事のひとつなのです。

売上については、週次・月次・年次などの時系列で管理するのとともに、商材別や顧客の属性別などでも分析すると効果的です。売上の状況は、かならず売上目標の達成率や前月・前期との比較を行い、もし問題があるようなら対策しなければなりません。

売上目標の達成は、限られた予算の範囲内でおこなうことになります。予算の種類は、おもに以下の4つです。

  1. 売上予算 ……売上目標と同じ意味です。
  2. 原価予算 ……商品やサービスの提供に必要な原材料などの費用。
  3. 経費予算 ……人件費や水道光熱費などの費用。
  4. 利益予算 ……売上予算から原価予算・経費予算を差し引いたもの。

スタッフの教育および管理

店長にとって売上管理の次に大事なマネジメントの仕事は、スタッフの教育および管理です。スタッフのシフト調整・勤怠管理をおこない、もしスタッフが足りない場合は正社員・アルバイト・パートなどを採用し、適切に配置します。また、スタッフを日々指導・教育し、目標の設定やフィードバックをおこないながらそれぞれの成長をうながします。

スタッフの指導・教育をおこなう際には、会社の価値観をしっかりと伝えることが大切です。重要な内容はできる限りわかりやすく、機会をつかまえて何度も伝えるようにします。また、スタッフから「上から押し付けられている」と思われないよう、スタッフの立場を尊重することも重要です。

商品の発注・在庫管理

商品の発注や在庫管理も店長の重要な仕事です。店舗の在庫を確認し、適切な量になるように調整します。在庫の状況を正しく把握していないと、商品が足りなくなったり余ったりしてしまいます。どの商品をどの程度発注するかは、売上予測をもとに決めます。過不足は売上に影響するため、過去のデータに基づいて慎重に決めなくてはいけません。

また、在庫は品質の管理も重要です。特に食材や食料品などの場合は、古くなると販売できず、廃棄しなくてはなりません。廃棄する商品を減らすためにも、在庫管理は念を入れておこなうことが必要です。

SVやエリアマネージャーとの情報交換

一つの会社が複数の店舗を運営している場合には、SV(スーパーバイザー)やエリアマネージャーとの情報交換も店長の重要な仕事です。SV・エリアマネージャーは本部と店長の橋渡し役をおこない、店長と二人三脚でお店づくりをするのが役割です。本部の方針や新商品の展開などについては、SV・エリアマネージャーからよく話を聞き、理解しなくてはなりません。

それとともに、店舗で起こるさまざまな問題についてもSV・エリアマネージャーに相談します。自店舗で起こっている問題は、すでに他の店舗でも発生していて、解決策が見つかっているケースもあります。SV・エリアマネージャーとの相談で、スピーディーな問題解決が可能となることも多いでしょう。

【SVの場合】マネジメントの仕事内容

次に、SV(スーパーバイザー)のマネジメントについて見てみましょう。業態によっても異なりますが、SVは数店舗を担当し、定期的に巡回します。SVの仕事内容は、店長の場合とは以下のとおり異なります。

管轄店舗の売上管理

店長が単独店舗の売上を管理するのに対し、SVは管轄する複数の店舗の売上を管理します。

売上UPの施策を考案

管轄する店舗の売上UPのための施策を考案するのもSVの大きな仕事です。売上が伸び悩んでいる店舗があれば、その原因を洗い出し、問題解決のための施策を立案して実行します。

その一方、売上が好調な店舗の場合は、さらに売上を伸ばすための施策を立案・実行します。また、売上が好調な要因を分析し、他の店舗に横展開していくことにより、管轄店舗全体の底上げを図ります。

売上UPの施策を考える場合には、マーケティングの手法も活用します。SVが担当するエリア内でも、店舗によって環境はそれぞれ異なります。住宅街/ビジネス街、駅から近い/遠い、路面店/オフィスビル内/駅構内、近隣は学生が多い/家族連れが多い、などの立地や客層の違いによって、売れ筋商品も違ってきます。

さらには、競合店舗によっても売上は左右されます。SVはこれらの状況を分析し、イベントやセールの実施、在庫管理、店内のディスプレイなどを適切に調整します。

現場での課題の発見および助言・指導

各店舗の店長は、売上管理のほかにも、人材管理をはじめとするさまざまな業務をおこなわなくてはなりません。SVは店舗ごとの課題を発見し、助言・指導をして、現場がスムーズに動いていけるようにサポートしていくことが必要です。

店長やスタッフと面談し、不満な点・改善を希望する点などをヒアリングします。店長とスタッフの業務の切り分け・明確化をおこない、場合によっては店長・スタッフの仕事量を減らしたり、明確な成果基準を設けたりして、店舗のスムーズな運営を目指します。

本部から店舗への情報共有

本部から店舗への情報共有もSVの重要な仕事です。本部で経営方針や販売方針が決まったら、それを各店舗に伝えます。店舗により状況は異なるため、本部の方針を各店舗にわかりやすいように伝えるのもSVの仕事です。方針を伝えたら、その方針が確実に実行されるよう監督もおこないます。

それとともに、各店舗の状況を本部へフィードバックするのもSVの役割です。現場の課題や取り組みの成果を本部に伝え、全体の経営に活かします。

トラブル発生時や繁忙期における現場のサポート業務

トラブル発生時や繁忙時には、SVは現場のサポート業務もおこないます。たとえば、店舗で人間関係のトラブルが生じ、店長だけでは解決が難しい場合には、SVがあいだに入って解決に導くこともあります。顧客からのクレーム処理も、店長だけでは対応が困難な場合にはSVが担当します。

スタッフが足りないなどで店舗が本当に忙しいときには、SVはスタッフの一員として現場で働くこともあります。それにより現場スタッフとの信頼関係を築いていくのも、SVの大切な仕事です。

マネジメントの仕事の業務改善に必要なこと

虫眼鏡

店長やSVが日々おこなうマネジメントの仕事の業務改善に必要なことを解説します。

スムーズな情報交換・共有を行える環境を整える

マネジメントの仕事の業務改善にまず必要なのは、スムーズな情報の交換・共有をおこなえる環境を整えることです。その際、デジタル技術を十分に活用するのがよいでしょう。

近年ではパソコンを使用した情報共有やPOSレジの利用など、デジタル技術は多くの店舗で活用されてはいます。しかし、店舗のパソコンへ送られてきた情報を、店長が手書きでノートに書き写してスタッフに伝達している状態では、効率が良くありません。

紙を使った情報伝達では、情報がスタッフまでうまく伝わらない可能性が高くなります。また、情報を送った本部側から、店舗の状況を確認するのも困難です。たとえば「キャンペーンを実施したけれど、思ったように売上が上がらなかった」などの事態が起こっても、その原因がうまく特定できません。スタッフへの情報伝達に問題があったのか、それとも実行力が不足していたのか、区別ができないというわけです。

プロセスをデータとして可視化する

上のような状態を改善するためには、情報伝達のプロセスをデータとして可視化することが有効です。店長やスタッフがいつ、どのような行動を取ったのか、あるいはスタッフへのフォローアップはどのようにおこなっているのかなどを可視化し、それらによる売上の変化と照らし合わせれば、「どのような施策を講じれば結果が出るのか」が一目瞭然でわかります。

情報伝達のプロセスが可視化されるシステムを導入し、本部が現場の状況や顧客のリアルな反応をキャッチできる体制を構築すれば、より適切で効果的な施策を立案・実行することが可能です。

マネジメントの仕事は「はたLuck(R)」を使えばより上手くできる!

マネジメントの仕事は「はたLuck(R)」を使えばより上手くできるようになります。はたLuck(R)を使うことによる店長とSVのメリットをそれぞれ見ていきましょう。

【店長のメリット①】連絡ノート機能で業務連絡をスムーズに共有できる

マネジメントの仕事をサポートするはたLuck(R)の機能として、まず「連絡ノート機能」があります。連絡ノート機能とは、スタッフの控室などに置いてあることも多い紙の連絡ノートを電子化したものです。紙の連絡ノートはノートがある場所でしか見たり書いたりできないのに対して、はたLuck(R)の連絡ノート機能は自分のスマホでも見たり書いたりができるため、業務連絡をスムーズに共有できます。

店長からの業務連絡の投稿は、スタッフのうち誰が見たか、見ていないかを一覧で手軽に確認できます。スタッフからのコメントも入れられるため、例えばキャンペーン情報などの業務連絡なら、スタッフとのやり取りを繰り返していくことにより、キャンペーンに向けての店舗の雰囲気を盛り上げていくこともできるでしょう。

連絡ノート機能では、スタッフ全員に一斉に配信するだけでなく、宛先を決めて特定のスタッフにだけ投稿を送ることも可能です。タスク割などに利用すれば実行の結果も確認でき、スタッフの実行力を高めることができます。

【店長のメリット②】留学制度で他店のノウハウを吸収できる

はたLuck(R)の連絡ノート機能には、店長が他店舗の連絡ノートに参加できる「留学制度」の機能があります。売上達成率や生産性の高い店舗、離職率の低い店舗などの連絡ノートに参加すれば、スタッフへの指示の出し方やフィードバックの仕方など、他店の優秀な店長のノウハウも学べます。

【SVのメリット①】投稿を参考に、店舗ごとの特色や課題把握の解像度が高くなる

SVにとってもはたLuck(R)は大きなメリットがあります。一般に特定店舗の店長やスタッフが日常でどのようなやり取りをしているかは、外側の人間からはなかなかわかりにくいものです。しかし、はたLuck(R)での店長やスタッフのやり取りを見ることで、店舗ごとの特色や課題把握の解像度を高められます。

はたLuck(R)でのコミュニケーションは、上述した連絡ノート機能のほかに「トーク機能」と呼ばれる、一般のチャットツールと同様のやり取りができる機能もあります。トーク機能では主題を決めずに自由にやり取りする形になるため、店舗スタッフの人間関係なども把握できるかもしれません。

そのほか、トーク機能ではトークルームを、店舗ごとだけでなく店舗の枠を超えて作成できます。SVが管轄している複数店舗の店長グループや、部門ごとのリーダーグループなどのトークルームを作成すれば、情報共有や成功事例の横展開などにも活用できます。

【SVのメリット②】分析機能を利用し、店舗へ助言を行う

はたLuck(R)には、各店舗がはたLuck(R)をどのように利用しているかを分析する「分析機能」があります。分析機能で投稿量や投稿経路を分析すれば、通常なら把握がなかなか難しい店長のマネジメント方法やスタッフのエンゲージメントの可視化が可能となり、店舗へ適切な助言ができるようになるでしょう。

また、分析機能により、スタッフからの信頼が厚く、マネジメントが上手く行っている店長のやり方をキャッチできれば、横展開することにより他店の店長のマネジメントスキルの向上を図れるでしょう。

アプリの導入で、マネジメントの仕事を成功しやすい環境を整えよう

マネジメントの仕事の業務改善が可能となるアプリ「はたLuck(R)」の導入で、マネジメントの仕事が成功しやすい環境を整えることが可能となります。店長にとっては業務連絡のスムーズな共有ができるようになり、SVは店舗ごとの特色や課題把握の状況を把握して、より適切な助言ができるようになります。はたLuck(R)を活用し、マネジメントの仕事を効率化していきましょう。