• シフト管理

飲食店におすすめのシフト管理ツール10選!選び方も詳しく解説

飲食店を経営する方の中には、スタッフのシフト作成業務に多くの時間や手間をとられてしまい、結果として他のことに手が回らないといった方も多いのではないでしょうか。そんなときに「シフト管理ツール」を利用することでシフト作成にかかる労力を軽減できるほか、スタッフもシフト希望の提出や確認が容易となります。

今回の記事では飲食店におすすめのシフト管理ツール10選と、選び方のコツについて紹介します。

飲食店におすすめのシフト管理ツール10選

飲食店におすすめのシフト管理ツールを10種類ご紹介します。それぞれに特徴が異なるので、どのツールが自分の店に適しているのかをチェックしながら見てみましょう。

FOODING JOURNAL

FOODING JOURNAL」は外食企業に特化したシフト管理ツールです。シフト管理システムはもちろん、販売管理や商品の発注管理など外食産業で必要となる管理機能の多くを網羅しています。ハードウェアやソフトウェアの導入が不要であるほか、さまざまな給与ソフト等と連携できることから、すでに既存のシステムを使っている場合でも利用可能です。また、複数店舗で利用できるため、多店舗展開している場合においては導入コストが抑えられるでしょう。

「FOODING JOURNAL」はサポート体制が手厚いことも特徴のひとつ。24時間365日のサポート体制が整っており、夜間や早朝などにシステム不具合が生じた場合でも安心です。複数店舗を展開する経営者をはじめ、業務効率化に取り組みたいと考えている方は、一度検討してみるのもよいかもしれません。

かえる勤怠管理 飲食

かえる勤怠管理 飲食」は飲食店に特化したシフト管理ツールで、飲食店で役立つ機能をリーズナブルに利用できると定評があります。初期費用および専用タイムレコーダー(1台)のレンタルが0円であることに加え、月々のコストも拠点毎の定額制となっています。また、タイムレコーダーはタブレット型でどこでも簡単に設置できるほか、スマホからでも打刻可能です。

その他の特徴として、飲食店の不規則になりがちなシフトでも管理しやすいよう柔軟な設定変更が可能である点が挙げられます。シフトのインポートも手軽に行えることから、シフト作成業務にかかる時間が短縮できるでしょう。

料理人(シェフ)

料理人(シェフ)」はチェーン展開している飲食店をメインターゲットに、経営を支援することを目的としたシフト管理ツールです。勤怠システムでは「ワークスケジュール管理」や「勤怠管理」をはじめ、シフト管理に役立つ機能がそろっているほか、販売から購買、連絡管理まで幅広い業務をサポートしてくれます。

また、「料理人(シェフ)」のシステムサポートは24時間365日対応であるだけでなく、サポート専門の部隊が常駐しているのも特徴のひとつ。深夜や早朝といった時間帯は「チャット」でのサポートとするサービスが多い中、時間にかかわらず有人でのサポートを受けられることはメリットといえるでしょう。

MAIDO SYSTEM

MAIDO SYSTEM(マイドシステム)」は飲食店売上管理システムを中心としたクラウド型のシフト管理ツールです。シフト管理はもちろん、売上や給与、連絡管理まで飲食店で必要となる機能が一通り搭載されています。また、月額1,980円から利用できることもあって、取り急ぎどういったシステムなのか試してみたいという方にとって使い勝手がよいサービスだといえるでしょう。

また、「MAIDO TIMECARD(マイドタイムカード)」を利用することで出勤や退勤の打刻のみならず、シフト管理についてもクラウドで一括管理が可能です。スタッフがスマホでシフト希望を出せるほか、シフト作成にかかる時間を削減できるでしょう。

はたLuck®

はたLuck®」はチェーン店や多店舗経営で特に強みを発揮する、シフト管理ツールです。シフト希望の提出から調整、確定まで一連の流れがアプリ内で完結するほか、ヘルプの募集などもアプリを通じて行えます。また、シフト状況などのデータを集計し、店舗や曜日、ポジションなどの項目でシフトを分析できるため、店舗運営の効率化にも役立ちます。

また、「はたLuck®」ではCS(カスタマーサクセス)がシステムの導入から活用にいたるまでサポートを行ってくれます。そのため、これまでシフト管理ツールを使ったことがない方でも安心して利用できるほか、自社にあった最適な活用方法を見つけられるでしょう。

SHIFTEE

SHIFTEE」は株式会社システムサポートが運営する、シフト管理システムです。ラインシフト作成機能や月間シフト作成希望が搭載されており、PCやスマホから提出したシフト希望が自動的に作成画面に反映されます。そのため、管理者が手入力を行う必要がないほか、入力ミスなどの心配もせずに済むでしょう。

1ユーザーあたり月額200円で利用できるLIGHT版、高機能なシフト作成ができる月額400円/名のFULL版、シフト自動作成機能がついている月額500円/名のFULL版と、用途に応じたプランを選択可能です。どのプランが適しているかわからない場合、まずはLIGHT版から試すことをおすすめします。

シフオプ

シフオプ」はリクルートが提供する、シフト管理システムです。モデルシフト表示やシフト共有、メッセージ機能などシフト管理に役立つ機能が数多く揃っており、なにかと時間が取られがちなシフト作成業務を効率よく行えるでしょう。シフオプでは現場毎に人数の過不足や人件費を把握できるほか、スタッフの急な欠勤など万が一の際にはヘルプ募集の一斉送信機能も活用できます。

また、基本プランであれば1ユーザーあたり月額300円で利用できるほか、初期費用は一切かかりません。スタッフ数がそれほど多くない小~中規模の店舗経営者には使い勝手のよいシフト管理システムといえます。

R-Shift

R-Shift」は小売業・サービス業に向いているシフト管理ツールです。AIによるシフトの自動作成が可能なほか、スタッフのスキルを考慮した作業割当ても自動で行えます。また、店舗の業態や特性にあわせて必要な機能をカスタマイズし、自身の店舗にあったサービスを利用できるのも特徴のひとつです。

「R-Shift」の初期費用については公式サイトから問い合わせが必要となるため、気になる方は一度連絡してみるとよいでしょう。

Sync Up

Sync Up」は多店舗展開をしている方におすすめのシフト管理ツールです。出勤日の希望収集をはじめ、シフト表作成からヘルプの調整まで、シフトに関する一連の機能が揃っています。人件費や売り上げなどによる分析も1店舗に限らず、複数店舗でまとめて実施できることから業務効率化が期待できるでしょう。

また、UIが非常にシンプルで使いやすさに定評があり、システムが苦手な人でも直感的に操作を行うことが可能です。困ったことがあればサポートデスクへ問い合わせることもできます。

Airシフト

Airシフト」はリクルートが提供するシフト管理システムで、初期費用無料な上、1ユーザーあたり月額110円からと手頃な価格で利用できます。シフトの収集から作成、調整や共有のみならず勤怠管理まで行える便利さで人気があるシステムです。

注意点として、Airシフトでは同じIDで複数店舗の登録が可能である一方、複数店舗でスタッフを共有できないことが挙げられます。そのため、1人のスタッフが複数店舗を受け持つ場合、シフト管理が少々複雑になる恐れがある点に気をつけなければなりません。

飲食店におすすめのシフト管理ツールの選び方

ひと言でシフト管理ツールといっても、その種類は多岐にわたります。シフト管理ツールを選ぶ際にチェックすべきポイントについて解説します。

シフト希望の収集が可能か

シフト管理ツールの中には、スマホやアプリを通じてスタッフが提出したシフト希望を管理画面に自動で反映するほか、シフト作成パターンが登録できる機能が備わったものがあります。また、勤務時間が不規則になりやすい飲食業界では日勤や夜勤など変則的な勤務形態にも対応できるか否かをチェックしておくとさらに使い勝手がよくなるでしょう。

多店舗展開に対応しているか

シフト管理ツールの中には多店舗展開に対応していないケースも見受けられます。多店舗展開に対応しているシステムを選ぶことで、自店舗のシフトはもちろん、他店舗の状況確認や比較等を行えることから経営分析がしやすく、業務効率化や売り上げの向上が見込めるでしょう。

ヘルプ調整機能があるか

スタッフの体調不良や家庭の事情などで欠員が生じてしまい、急遽ヘルプを募集しなければならないときもあるでしょう。そうした場合において、ツールを使わずにヘルプを募集するのは大変な労力と手間がかかります。ヘルプ調整機能が搭載されているシフト管理ツールを選ぶことで、ツール上でヘルプの募集を行えるほか、調整もしやすくなります。

法令や就業規則のチェックができるか

法令や就業規則のチェック機能が搭載されているかどうかも確認項目の一つです。労働基準法の規定により、毎週1日あるいは4週間のうち4日以上の休日を設定することが義務づけられています。また、労働基準法には他にも様々な細かい取り決めがなされており、それらをきちんと反映したシフトを作成できるツールを選ぶとよいでしょう。

無料トライアルが可能か

導入すべきか否か、悩んでいる場合は「無料トライアル」が可能であるかどうかを確認するとよいでしょう。サポートを受けつつ少ない店舗でまずは導入し、自社にフィットしたツールであるかどうかを慎重に見極める必要があります。また、実際に利用することで現場からリアルな声を聞けるほか、本格的に導入することになった際にはスムーズに運用できるでしょう。

サポート体制は充実しているか

シフト管理ツールの導入に当たり、サポート体制が充実しているか否かもチェックしておくことをおすすめします。サポートの程度はツールによって異なりますが、はじめて導入する場合にはベンダーのカスタマーサービスが併走してくれるタイプのツールを選ぶとよいでしょう。

たとえマニュアルや動画、AIのチャットボットが用意されていたとしても、それだけでは解決できない事象が起きるかもしれません。そのような場合に、カスタマーサービスが迅速に対応してくれるかどうかも確認しておくとより安心です。


👍お役立ち資料をダウンロードする

シフト管理ツール比較資料をダウンロードする


飲食店のシフト管理ツールなら「はたLuck®️」がおすすめ

飲食店のシフト管理ツールなら「はたLuck®」がおすすめです。「はたLuck®」はサービス業に特化した店舗DXアプリであり、導入することでシフト管理がスムーズになるほか、ESの向上などにも繋がるでしょう。

✉️シフト機能の資料をダウンロードする

最適な人員配置をサポートしてくれる

2022年にリリースされた「予算連動マスター」では、売上や客数など店舗に応じた予算を細かく設定できるため、シフトの作成段階から最適な人員配置を実現することができます。また、シフト作成者の作業時間や負担の軽減にも繋がるほか、残業代も抑えられるでしょう。

「はたLuck®」では「適正シフト機能」により店別や曜日別、時間別に必要なリソースを役割別に設定できるほか、スタッフの最適な配置を把握することが可能です。「予算連動マスター」とあわせて活用することによって、より最適な人員配置を行うことができます。

店舗間でヘルプ調整ができる

「はたLuck®」には複数の店舗間でヘルプの募集や応募ができる「ヘルプ募集」機能が搭載されています。募集の仕方も一斉通知をはじめ、特定の店舗だけにヘルプ募集を行うことができます。そのため、ヘルプが必要となった店舗の近隣に位置する他店舗にのみ募集をかけるといったことが可能です。スタッフもアプリ上でヘルプへの応募ができるため、わざわざ個別に連絡を取ってヘルプに入れるか否かを確認する必要がありません。

勤務条件にあわせた労務アラートを表示

「はたLuck®」では勤務条件にあわせた労務アラートを表示する「カスタムアラート機能」が搭載されています。シフトの作成段階からスタッフの働き過ぎを防止できるほか、スタッフの勤務条件に応じて自由にカスタマイズできる点が特徴です。また、複数の労務アラートの設定も可能であり、個別の契約内容に基づいたシフトの作成をサポートしてくれます。スタッフが働きやすい環境を実現する上で、役立つ機能といえるでしょう。

固定シフトをあらかじめ登録できる

「定期シフト機能」では、スタッフが「固定の勤務シフトで働いている」「休みの曜日が決まっている」などといった場合において、固定シフトをあらかじめ登録できます。管理者が管理画面からスタッフのシフトをあらかじめ登録しておくことで、効率的にシフトの作成ができることはもちろん、申請も容易になるでしょう。

シフト管理ツールを活用して飲食店の業務を効率化しよう

今回は飲食店におすすめのシフト管理ツール10選と、選び方のポイントについて解説しました。本記事を読んでいる方の中にはExcelやGoogleスプレッドシートを活用し、手作業でシフト表を作成している方も多いかもしれません。

しかし、手作業でシフト表を作成すると多くの手間や時間がかかるほか、急遽ヘルプが必要になったときは別途対応を迫られることになるでしょう。こうした課題を解決し、業務効率化を目指すためにはシフト管理ツールの活用がおすすめです。今回ご紹介したツールの中から、自身のニーズに見合ったものを試しに使ってみてはいかがでしょうか。

サービスについてもっと詳しく知りたい方
お見積りはこちら