• 店舗運営

飲食店の人手不足はなぜ起きる?原因とおすすめの対策を解説

近年、飲食店における人手不足の問題が深刻となっています。人手不足の理由はさまざまありますが、適切な対処をすることによって働き手を確保することは十分に可能です。


この記事では、飲食店が人手不足になっている理由や、状況を改善するための対策を解説します。


人手不足でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。



【2022年】飲食店の人手不足の実態


まずは飲食店の人手不足について、7割以上の飲食店が人手不足である実態や、コロナの影響による業界離れの加速化について解説します。

7割以上の飲食店が人手不足


株式会社帝国データバンクの調査によると、「非正社員の人手が不足している」と回答した飲食店は、2022年7月時点で約73%という結果が出ています。


全業種の中でも人手不足の割合が70%を超えているのは飲食店のみで、非正社員の人手不足の割合においても業種別で飲食店がトップとなりました。


飲食店に続いて人手不足が深刻な業種は商品小売店で約56%です。次いで人材派遣は約55%、旅館・ホテル業で約55%と、いずれも60%以下に留まっています。この数値から、飲食店の人手不足の割合が突出して高いことが分かるでしょう。


また、正社員においても飲食店の人手不足の割合は約54%で、非正社員ほど高い割合ではないものの、全業種の中でも高い数値となっています。正社員・非正社員のいずれの場合も、人手不足が深刻な状況であることが分かります。


コロナの影響により業界離れが加速化


コロナ禍で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などにより、飲食店は営業時間を短縮せざるを得ない状況が続きました。


閉店時間を早めなければならないことにより、酒類を提供する居酒屋などの店舗では、メインの営業時間帯である夜間・深夜に営業できないといった事態も発生しました。


その結果、飲食店全体の売り上げは以前と比べると減少しており、市場規模自体が縮小傾向にあります。売上が大幅に減少し、実質上の休業状態となる店舗も多かったことでしょう。


勤めている店舗が休業状態となれば、そこで働いていたスタッフたちは、収入を確保するために新たな職場を探さざるを得ません。


それを機に他の業種へ移行する人も多く、業界離れが加速化しているのです。

飲食店で人手不足が起こりやすい理由


では、なぜ飲食店で人手不足が起こりやすいのでしょうか。主な理由を挙げて解説します。


長時間労働になりやすい


飲食店は営業時間が長いことが多いため、そこで働くスタッフも長時間労働になりやすいといった側面があります。24時間営業の店舗や休業日がない飲食店も、珍しくはないでしょう。


また社員やスタッフが働く時間は実際の営業時間内だけではありません。営業開始前の料理の仕込みや店内の掃除、閉店後の片付けなども行う必要があります。


24時間営業ではない場合も、開店から閉店まで通しで働くと長時間労働になってしまうでしょう。

給料・待遇が魅力的でない


飲食店は他の業種よりも給料が低い場合が多いとされています。


dodaの平均年収ランキングによると、飲食業界の平均年収は351万円で、10の業種分類の中で第10位となっています。待遇が魅力的でないことも人手不足になる要因のひとつと言えるでしょう。


さらに詳細を見ると、居酒屋・バーにおける平均年収は345万円、レストランでは340万円と、いずれも低い年収であることが分かります。


給料は職場を選ぶ上で重要な要素ですから、給料・待遇が魅力的でないのは業界離れが進んでしまう一因です。

研修が不十分


飲食店はそもそも働き手が不足しているので、研修・教育に時間や労力、人件費をかけられない店舗が多いでしょう。


しかし、教育が行き届いていなければ業務の効率も上がらないため、さらに人手不足になるという悪循環になってしまいます。


また働く社員やスタッフとしても、しっかりと教育を受けていない状態で業務に追われる状況はストレスにもなるため、離職につながりやすいでしょう。


シフトの融通が効きにくい


飲食店はシフト制を採用している店舗がほとんどです。


そのため、休みの融通が効きにくく、急用や体調不良などで休みを取りづらいといった点も、人手不足に繋がる要因です。


シフト制の場合は、自分が休むのであれば、代わりに誰かに出勤してもらわなければなりません。


他の人に頼みづらかったり、代わりに入れる人がなかなか見つからなかったりするため、シフト制で休みを取ることに心理的負担を感じる人もいるでしょう。

クレーム対応でストレスが溜まる


クレーム対応によってストレスが溜まることも、人手不足になる原因のひとつです。


食中毒や異物混入を防ぐために注意を払っていたとしても、料理を提供するまでの所要時間や接客態度に対して不満を感じるお客様もいます。


さらにランチタイムや夕食時などの時間帯は接客も料理提供も慌ただしくなるため、その中でお客様が不満を感じないように業務を遂行することは簡単ではありません。


苦情を言うお客様にその場で対応したり、場合によっては改めて謝罪をしたりなど、クレーム対応をすることによるストレスは大きなものです。心理的負担を感じて離職を選択するスタッフも少なくはないでしょう。

評価されにくい環境


飲食店はスタッフの評価が難しいとされており、 それが人手不足に繋がっていることもあります。


完全歩合給の営業職であれば目に見える成績・成果がありますが、飲食店のスタッフの場合、そのような成果はありません。


また、現場スタッフが実際に業務を行う姿を店舗責任者が直接見る機会は少ないため、スタッフが適切な評価を受けにくい環境であると考えられます。


やりがいを重要視する人にとっては、離職を選択するひとつの要因となるかもしれません。

飲食店の人手不足を解消するための対策



では、飲食店の人手不足を解消するためにはどういった対策が考えられるのでしょうか。


主な方法をご紹介します。

採用の幅を広げる


人手不足を解消するには、採用の幅を広げることが有効です。今までと同じような人材を求めるのではなく、募集の条件を見直してみましょう。


たとえば年齢の上限を引き上げたり、外国籍スタッフを雇用したりすることが挙げられます。


業務内容によっては未経験者を採用することも検討するとよいでしょう。


求人サービスを活用する


就職・転職活動をするときやアルバイト・パートを探すときには、求人サービスで次の職場を探す人が多いでしょう。


そのため、まずは求人サービスに求人募集を出すことが有効です。


すでに活用している場合も、1つのサイトだけではなく複数のサイトに掲載してみるとよいでしょう。


評価制度を整える


評価制度を整えることも、人手不足を解消することにつながります。


スタッフは評価をされなければ、より評価をしてくれる職場へ転職する可能性があるからです。適正に評価されるとモチベーションが上がるので、仕事を継続しやすくなるでしょう。


そのためには、きちんと評価できるような仕組みを作ることが大切です。


たとえば評価シートを作るのも、そのひとつです。どのような行動を評価するのか、具体的な項目を明記しておき、そこに評価を書き込めるようにするとよいでしょう。


また昇給・賞与について、あらかじめ基準を明確にしておくことで、スタッフの中に納得感が生まれます。さらに、その基準に向けて頑張ろうという向上心にもつながるでしょう。


研修をしっかりと行う


職場に定着してもらうためには、研修をしっかりと行うことも必要です。


教育が行き届くことによって現場のクレームが減れば、離職率を下げることにつながります。 さらに研修によって業務の効率化ができるため、人手不足も解消できるでしょう。


研修内容は料理などの実務だけに限らず、接客やビジネスマナーに関しても行いましょう。


マニュアルをあらかじめ作っておき、座学での研修のほか、実践形式でロールプレイをするのも有効です。

シフトの融通を効きやすくする


人手不足を解消するには、シフトの融通を効きやすくすることも大切です。休みを取りやすくすることが働きやすさにつながり、結果的に離職率を下げ、人手不足の解消につながります。


具体的には、休みを取りたい場合にヘルプで出勤する人を探しやすいような工夫をするとよいでしょう。


ツールを活用して、ヘルプが必要なことを一斉通知できる仕組みを作ったり、代わりに出勤できる人をツール上で募ったりするのが有効な方法のひとつです。


シフトの効率化については、「シフト作成を効率化するには?課題やコツ、おすすめのアプリを紹介」でも詳しく解説しています。

業務の効率化


デジタルツールやデバイスを活用することで、業務の効率化を図ることも、人手不足の解消になります。


タブレットなどを用いて顧客自身が料理をオーダーできる形式にすると、スタッフが注文を取る必要がなくなり、労力を削減できます。また、なかには、完成した料理を配膳ロボットに客席まで運ばせている飲食店もあります。


さまざまなツールを活用して必要な作業量を減らすことによって、人手不足は大幅に解消できるでしょう。


コミュニケーションをとる

働きやすい職場環境は離職率を下げるだけでなく、 求人募集をかけた際にも応募が集まりやすくなることが予想されます。


そのためには、コミュニケーションをとり、人間関係を良好に維持することが重要です。


普段からコミュニケーションを取ることによって、シフトの交代を言い出しやすくなったり、分からないことがあるときに聞きやすくなったりする効果もあります。


また、やり取りする中でスタッフが抱える悩みや不満などに早めに気づくことができれば、適切な対処をして離職を防ぐことも可能になるでしょう。


飲食店の人手不足を解消するなら「はたLuck(R)」がおすすめ



飲食店の人手不足を解消する対策のひとつとして「はたLuck(R)」を活用することもおすすめです。


人手不足解消に効果的な「はたLuck(R)」の特徴をご紹介します。


複雑なシフト作成が簡単


はたLuck(R)では、シフトの希望の提出をスタッフへ依頼することも、回収することもアプリ上で行うことができ、回収結果は管理画面上で確認できます。


シフトの希望が期限までに提出されていない場合には、該当のスタッフへ自動で通知が届く機能もあります。


スタッフに毎月提出をリマインドする必要がなく、回収した希望内容を手作業で整理することもなくなるため、シフト作成にかかる時間や労力を大幅に削減できます。

マニュアル機能で、教育コストを割かずに研修ができる


はたLuck(R)にはマニュアル機能があり、画像や動画などのデジタルコンテンツとしてマニュアルを共有できます。スタッフは各自が持つスマートフォンからマニュアルを確認でき、いつでも閲覧可能です。


教育コストを割かずに研修ができるため、人手不足の解消につながります。


情報共有機能でミスを削減


はたLuck(R)には情報共有機能があり、重要な情報をスタッフ全員へ周知できます。また、タブごとに情報を整理したり、各スタッフの閲覧状況を把握したりすることも可能です。


たとえば、送ったメッセージをスタッフが閲覧したかどうかチェックできるため、伝達漏れによるミスを防ぐことが可能です。


また、特定の社員が既読であるかどうかも確認できるため、個別に連絡をする手間も省けます。

頑張った人に従業員割引のクーポンを贈れる

はたLuckのクーポン機能


はたLuck(R)には、従業員割引のクーポンを送れる機能があります。


頑張った人にクーポンを送ることによって、スタッフは評価されていると感じることができるでしょう。従業員の満足度向上やモチベーションアップを図ることができ、離職率低下につながります。


クーポンはスタッフ各自のスマートフォンで、専用アプリを使って閲覧・提示することが可能です。


手軽に感謝の気持ちを伝えられる


はたLuck(R)には、感謝の気持ちとして「星を贈る」機能があります。


スタッフ間のコミュニケーションを活性化できるほか、 感謝されることで仕事にやりがいを感じたり、モチベーションが上がったりする効果もあります。


「星」はアプリ上で簡単に贈ることができ、メッセージを添えることも可能です。


手間や時間をかけずに感謝の気持ちを伝えることで離職防止にもなり、 人手不足解消を図れます。


スタッフのモチベーションや働きぶりを利用データから可視化


はたLuck(R)ではアプリの利用データを確認することが可能です。


たとえば情報共有機能や「星を贈る」機能などがどのように使われているかを可視化できるため、スタッフのモチベーションや働きぶりをチェックできます。それによってスタッフを評価しやすくなるでしょう。


また、コミュニケーションが少ない店舗には改善策を講じるといったことも可能になり、離職を防ぐことにつながります。


飲食店での「はたLuck(R)」活用事例



実際にはたLuck(R)を導入している飲食店の活用事例を2つ紹介します。


株式会社大戸屋:マニュアル機能の活用で、習熟スピードと品質を改善


定食屋「大戸屋ごはん処」を運営する株式会社大戸屋様は、全国展開する店舗へ調理・業務マニュアルを共有するため、はたLuck(R)を導入されています。


大戸屋様では多様なメニューを展開していますが、チェーン店であるため調理工程や品質は一律に保つ必要があり、マニュアルの周知徹底が課題とされてきました。


はたLuck(R)を導入することにより、現在ではスタッフが自分のスマートフォンでマニュアルを閲覧でき、全国への共有を実現できています。


調理方法を動画で共有することによって、はたLuck(R)の導入前よりも分かりやすくなったと好評です。これにより習熟スピードと品質を改善できました。

タニザワフーズ株式会社:スピーディーなクレーム共有で現場の意識が変化


飲食店のチェーン店運営を手がけるタニザワフーズ株式会社様は、はたLuck(R)をクレームの共有にも役立てています。


連絡ノートの情報共有機能を使い、前日の課題や当日の目標をスタッフ全員に周知徹底できるようになりました。さらに現場からリアルタイムで情報を発信することにより、クレームをすぐに共有するといった使い方をしています。


はたLuck(R)の導入によってスピーディーなクレーム対応が可能となり、現場の意識改革につながっています。



飲食店の人手不足にはツールの活用が有効


飲食店において人手不足は深刻な状況となっており、店舗の存続や業績アップのためにも、働き手の確保は課題となっています。


飲食店の人手不足を解消するためにはさまざまな対策方法はありますが、ツールを活用するのもひとつの手です。


はたLuck(R)を活用すれば、シフト作成や教育にかかる労力を削減できるほか、情報共有機能でミスを減らすこともできます。


さらに、頑張った人にクーポンや「星を贈る」といった機能で、スタッフのモチベーションアップを図ることができ、離職を防げるでしょう。


飲食店の人手不足を解消するなら、ぜひはたLuck(R)の導入を検討してみてください。